フラメンコ 森野みどり
Barcelona*1日目午後 人間タワーを目の前に!
JUGEMテーマ:スペイン
 
昼ごはんを食べた後に、さっそくバルセロナ観光を開始。
やっぱり最初はあれでしょう!ということで地下鉄でサグラダファミリアへ。



こちらは正面(だと思うけど…)



こちらは裏側の新しいほう。

日曜日だったこともあり、ものすごい観光客でした。
その中、サグラダファミリアの目の前でこんな催しがされていました。



カタルーニャ名物!人間の塔です!!

一番上にのっているのは小さい子供。ぶるぶるしながらも手を挙げる姿に拍手喝采でした。

この後も別のタワーの形を組んで、タワーを子供がよじ登って反対側にすばやく降りたり、はたまた違うチームの出番になったり、観客はやんややんやの大盛り上がりでした。

日本に帰ってからバルセロナ出身のスペイン語の先生ウリに話を聞くと、これはまだまだ小さいタワーなのだそう。本場もんは9層にもなるとかで、一番上の子供が落ちて怪我をすることもあるらしいです。それは危険そうだ…

たまたま生で人間タワーを見られて感激でした。

再び地下鉄に乗って、今度はグエル公園へ向かいます。
駅を出て、えんえん続く坂を上り、さらに屋外エスカレータを上がるとグエル公園…なのですが、表玄関にたどり着くのはまだまだ先。



展望広場を通って。中央に見えるのが…



さっきまでいたサグラダファミリアです!真横から見る景色。

さて、グエル公園ですが。
おっそろしく人が密集。各国のツアー団体客が波のように押し寄せてきて、入り口の有名なトカゲも、かわいいタイルのベンチも、まーーーったく見ることができませんでした…これは想定外でした。(なので写真は一枚もなし)

とにかく人が多すぎ!そしてかんかん照りで暑い!
二人ともすっかり疲れてしまったのでグエル公園は通り過ぎるだけでバスでホテルに帰ってしまいました。あー残念だったなあ。

3年前に来たときは、発熱してて体調最悪な状態だったので、今回はグエル公園を満喫したかったのに!!
| スペイン日記 | 17:28 | comments(2) | - | - | - |
Barcelona*1日目午前 ベルリン・エアすごい!
JUGEMテーマ:スペイン

マジョルカ島と別れて、旅の最終地バルセロナに向かいます。
今回はドイツの航空会社ベルリン・エアです。
空港のチェックインカウンターは長蛇の列…やっぱりなーと思ったら、係員の人がここでチェックインして、とセルフの機械を案内してくれました。
パスポートを機械の読み取り部分にスライドするだけで、チェックインも座席指定も完了!ええっ?!なんで?
あまりの早業に目が点になる私たちにチケットを手渡しながら「あとは荷物をあのカウンターで預けてねー」と係員に送り出されました。 
これがドイツのクオリティーなのか?!うーん、すごいなー

そして、飛行機。
バルセロナとマジョルカはとても近いので短時間のフライトですが、驚いたことにミネラルウォーターのボトルとクッキーが入った紙袋が配られました。
たった50分なのに!!

他の航空会社がサービスを有料化することで低価格に抑えているのに、ベルリン・エアは安いのにサービスもいい!
ベルリン・エアはまた使いたいです。

バルセロナのホテルに着いたのが午前11時。
今日からのホテルはHotel Regina。
きれいで快適。無料wifiがIDとパスワードなしで使えるので便利でした。

バルセロナでの1食目は、バル Ciudad Condalに行きました。

IMG_0904.jpg

IMG_9853.jpg

頼んだのは
ポテトサラダ(パン・コン・トマテ付き)
いかフライ
パタタ・ブラバ(揚げたじゃがいもにピリ辛ソース)
小さなサーロインののったピンチョス(写真なし)
 
うっかり、イモ祭りになってしまいました…
でもどれもおいしくて、当たり!のバルでした。

パン・コン・トマテとは、パンににんにくとトマトをこすりつけてオリーブオイルと塩をかけたもの。バルセロナにいる間は毎回パン・コン・トマテを食べました。店によって少しずつ味が違うのがおもしろくて。

不思議だったのが、欧米人観光客の多くが同じメニューを食べていたこと。
皿いっぱい、山盛りのフライドポテトに目玉焼きがのっかっただけの料理です。
そんなのどこでも食べられるじゃんー!なんでスペインまで来てそれを食べるの?!と謎でした。
しかも、この店だけかと思ったら、どのバルに行ってもこのメニューを食べてる!
どこかの国ではスペイン料理=フライドポテト&目玉焼きなのかもしれません。日本が、スペイン料理=パエリア&サングリア、なのと一緒で…
| スペイン日記 | 17:46 | comments(2) | - | - | - |
Mallorca*3日目夜 ジャズコンクール
JUGEMテーマ:スペイン

ホテルの前はスペイン広場だったのですが、そこには野外ステージが設置されていて、昨日までは「世界フォークダンスフェスティバル」が開催されていました。
各国のフォークダンスグループが民族衣装を身にまとい、かわいらしい踊りを披露。
中には子供だけのグループもあって、とてもかわいかった!

ほのぼのしていたそのステージが、今日は突然ジャズになってました。



サウンドチェック中。近くにいたスタッフらしいおじさんにライブの時間を聞くと、「このグループは7時からだよ」
ということは、何組か出るジャズコンサートなのかな。夜になったらまた来よう。

そして7時すぎに行ってみると、コンサートではなくてコンクールでした。パルマ市主催の。
 


昼間に来たときは後ろの垂れ幕がなかったのでコンクール(certamen)とは気付かなかった!
さきほどの彼らはフランスの若いグループ。

IMG_0153.jpg

こちらはドイツから。

このコンクール、観客用の投票用紙が用意されていました。どうやら審査員はおらず、観客に委ねられているようでした。ネットでも投票できるとのこと。
優勝するとジャズフェスティバルの出場権がもらえるそうです。
でも、この日一日だけのコンクールではなくて、今年の2月から5月にかけて延々と…

こういう、街角で気軽に観られるコンサートがしょっちゅうあって本当にうらやましいと思います。
それだけ、こどもたちが音楽に触れる機会も増えるということだし。

ケバブを食べ、オルチャータを飲みながら、ジャズの演奏を聴いていた私でした。

ちなみに「オルチャータ」とは、夏の飲み物のひとつで、カヤツリ草という植物の根っこを絞ったもの。味はハーブっぽい甘い豆乳という感じ。私は大好きでいつも欠かさず飲みますが、この味は好き嫌いが分かれるところです…スーパーでもパック入りのを買えますが、そういうのよりはカフェか、アイスクリーム屋さんか、オルチャテリアというオルチャータ専門店で飲んだほうが断然おいしいです。
| スペイン日記 | 17:06 | comments(4) | - | - | - |
Mallorca*3日目午前 ベスト・カテドラル!
JUGEMテーマ:スペイン
ドラック洞窟はちょっと遠いからやめて今日はのんびり過ごそうーと決めてカテドラルへ。

マジョルカ島のカテドラルにはガウディが作ったという天蓋があるそうで、それが楽しみでした。
私がマジョルカ島に行きたい!と思ったきっかけは、マジョルカ島を紹介したテレビ番組(BS日テレの「トラベリックス」)だったのですが、中でもカテドラルがかなり印象的だったのです。

そのカテドラルは、最高でした!
今まで、すばらしいと言われているセビージャやトレドのカテドラルも見てきましたが、マジョルカのカテドラルは別格でした!!
一歩足を踏み入れただけで感動して涙ぐんじゃうくらい。

ステンドグラスのカラフルな色が、ちょうど柱や床にうつってぼんやりと模様を作っていました。







そしてこれがガウディ作の天蓋。



天井からぶらーんと下がってます。
島だからでしょうか、なんとなく船っぽい天蓋です。

それから。ここはまさに海!



天蓋の右側にある、海をモチーフにしたスペース。
三方向の壁には、口をぱかっと開けた魚がいっぱい!





けっこうおどろおどろしいのですが、タコやウツボなどいろんな魚がいておもしろくてずっと見てました。飽きないなー!

この壁の一部にもキリストがいて、祭壇もあって、ちゃんとミサする場所になっているのです。不思議な空間です。
ミゲル・バルセロというアーティストがテラコッタで作ったものだそうです。



海から見たカテドラル。



夜も見に行きました。ライトアップのカテドラル。
| スペイン日記 | 09:47 | comments(2) | - | - | - |
Mallorca*2日目夜 ベスト・レストラン!
soller鉄道での遠足から帰って、スーパーMercadonaで買い出し。

IMG_3354.jpg

Mallorca島ではなくて、隣の島、Menorca島の名産チーズ「ケソ・マオン」。
チーズが大好きなので絶対食べたかったものです!
なんとなく、他のチーズよりも塩気が強く、味が濃くておいしかったなあー

ホテルに帰ると夫、シエスタに突入。
なので一人で散歩に出かけました。
おみやげを買い、明日の朝のパンを買い、洋服を買い。



このチョコパン、さっくさくでおいしかったです!ものすごい大きさでした。

夜ごはんはガイドブックに出ていたお店に食べに行きました。

Celler Sa Premsa(セジェール・サ・プレンサ)



天井が高くてだだっぴろい倉庫みたいな店内はテーブルぎっしり、お客さんもぎっしり!大人気のお店でした。

トニックウォーターを2つ頼むと「ジンとか入れちゃうー?」と言ってイヒヒと笑うウェイターさん。フレンドリーだなー



このウェイターさんに、マジョルカらしいおすすめ料理はなんですか?と聞くと、これこれ、と言ってメニューを見せてくれました。

このリストの中から、frito mallorquinとsobrasadaとtumbetをハーフサイズで頼みました。それと、サラダ。お通しは山盛りのオリーブでした。

IMG_6057.jpg 

手前がtumbet。奥がfrito mallorquin。

料理は全部とてもおいしくて、この旅行の中でいちばんおいしいごはんでした!!マジョルカ島に行くならぜひ行ってほしいです!

tumbetは、ラタトゥイユみたいな野菜の煮込みなのですが、野菜が細かく切ってあるわけではなく大きいままスライスで、どーん。トマトソースがたっぷりかかってます。なすとズッキーニ、じゃがいも、パプリカなどなど。

最高においしかったのは、frito mallorquin。
素揚げされたあとに炒めたラムのレバーと野菜(じゃがいも、パプリカ、にんにく、キノコ、豆)がほくほく!

さっきのウェイターさんに「おいしいですー!」とか言ってると、「スペイン語うまいねーここに住んでるの?」と聞かれました。いやー、ヘレスにちょっと。
そしたら、彼はグラナダ出身。「あいつ、ヘレス出身なんだよ!おーい!」と別のウェイターに声をかけ、その彼がやってきて話し始めました。
結局ヘレス出身じゃなくて、隣の町のサンルーカルだったんだけど、「ヘレスにも妹が2人住んでてさー」とのこと。
気さくな、いい店員さんたちでした。

お会計した後に、サービスで食後酒を持ってきてくれました。マジョルカ名産のお酒なんだそう。食後酒だけにアルコール度数ものすごく高めでしたが、すっきり!

おなかいっぱいの夜でした。
| スペイン日記 | 08:51 | comments(2) | - | - | - |
Mallorca*2日目午前 soller鉄道の旅 
マジョルカ2日目です。

ドラック洞窟という鍾乳洞(じつは鍾乳洞マニア)に行きたかったのですが、バスが1日3本くらいしかないらしく、それでは予定変更して鉄道の旅にしよう!ということで、本日は「ソジェール鉄道の車窓から」になりました。

IMG_8352.jpg

まあ、まずは朝のカフェでのんびりと。
これ、駅の構内です。ホーム上です。
反対側に電車が止まってました。

ソジェール(soller)鉄道。
(ソーイェルとか、ソリェルとか、ガイドブックの表記もさまざま。とりあえずここではソジェールにしときます)
木製で、おもちゃの鉄道みたいです。パルマからソジェールまで往復17ユーロ。
これでガタンゴトン揺られて約1時間。畑や山や崖の間を抜けて、ソジェール駅に着きます。



たぶん、私たち以外のほとんどがドイツの方々。

イスも木だから、長時間揺られるとお尻が痛くなってきます…



途中の展望台で、眺めを楽しむために停車してくれました。眼下に町並み。いい眺めです!



自由に電車を降りてホームで写真撮影してていいのですが、乗客の半分以上は電車を降りずに律儀に座ったまま。ふしぎ。外は気持ちいいのにー

外に出た人たちも、停車時間内にさっさと車内に戻っていきます。日本みたい。あ、そうか、今ここはドイツなのか!



ソジェール駅に着きました。

ここからは路面電車に乗り換え。ますますおもちゃみたいな電車でした。

IMG_2958.jpg

そして30分くらい、ゆらゆら揺られて、着いたのはポート・デ・ソジェール。

IMG_1497.jpg

ずらりとヨットが並ぶ、別荘地でした。

IMG_9841.jpg

天気が良ければ、海もきれいなんだろうなあー
この日は曇りだったので、なんだか日本海チック。波のない日本海。

ソジェールに戻り、アイスクリームを食べました。ここはアーモンドがたくさん獲れるのでアーモンドアイスが有名だそうです。

IMG_7746.jpg

アーモンドアイスは、しゃりしゃりしててシャーベットみたいでおいしかったです。
でも、一緒に頼んだチョコレート&オレンジのほうがもっとおいしかったです。



アイスクリーム屋さん Ca'n Pau

それから、ちょっとお腹がすいたのでパン屋さんでピザを買って、帰りの電車で食べることに。



ピザですが、名前はコカ(coca)と言います。
これはほうれんそうと長ネギがピリ辛に炒めてあって、トマトものせてありました。チーズはなし。
生地は一般的なピザと違って、さくっとしてます。パン生地というよりは、甘くないタルト生地のようでした。
おいしかったー!

再び揺られてパルマ・デ・マジョルカに戻りました。

| スペイン日記 | 10:28 | comments(4) | - | - | - |
Mallorca*1日目 うずまきパンの「エンサイマーダ」
マジョルカ島に着きました。

マジョルカ島は地中海にあります。バルセロナからもバレンシアからも飛行機で50分くらい。
奈良県より少し大きいほどの面積だそうです。
ここはビーチあり、山あり、のリゾート地!
日本人がハワイに行くように、ドイツ人はマジョルカ島に行きます。なので、看板の表記にはカタルーニャ語(カタルーニャ地方の言語)、スペイン語の次にドイツ語も並んでいました。

さてマジョルカ。
都会じゃないか!空港がやたらと大きいんですけど!
だだっぴろい飛行場を自ら歩いてタラップから乗り降りするヘレス空港と比べるからかもしれませんが…

しかも、人が多い!!!
新宿駅構内かと思いました。空港内の動く歩道に人がわんさか。
みんなドイツから来ているのかなあー?と思いながら荷物を取りに行くともうすでにスーツケースがぐるぐる回ってました。はやっ!

空港から、バスに乗ってホテルへ移動しました。
マジョルカでのホテルは UR Palacio avenidaです。

IMG_0385.jpg

(この小さい洗面台で毎日せっせと洗濯を!シンクの栓がないからグラスでフタして水を貯めました)

デザインホテルすぎて洗面台やシャワーが少々使いにくかったですが、とてもきれいなホテルで、部屋も広いし、駅前なのにぜんぜんうるさくないので快適でした。

一休みしてからホテル周辺の散歩へ。

明日のバスの時刻を調べたいので、駅の観光案内所に行き「ドラック洞窟に行きたいんだけど」というと、「車で行け」というスタッフ。
「バスがいい」というと、「アバホ」
アバホ abajo =下へ。
下に行け、って。駅の地下がバス乗り場なんです。下で聞けよ、と。
「ここに時刻表ないの?」「アバホ」
「どこ行きのバスに乗るの?」「アバホ」
何を聞いてもアバホとしか答えないスタッフ。
この人、堺雅人のようなにこやかな笑顔なのに繰り返すのは「アバホ」。
それしか言えないのか!!!

むうぅ。もう明日でいいや。
散歩の続きで、適当な方向に歩いていくとパン屋さんがありました。
これは、きっと、あれが売ってるはずー!!

エンサイマーダ!!!



左の三角のやつがエンサイマーダ。

このマジョルカ島の名産品、エンサイマーダがどうしても食べたかったんです。
直径40センチくらいの大きなうずまき型のパン。丸のままでも、カットしたものも売ってます。
中身がないものや、カスタードクリーム入りのものもあるそうですが、メインはかぼちゃのジャム入りのもの。
そうめんかぼちゃ(中身が繊維状になってるかぼちゃ)を甘く煮詰めたジャムが入ってます。
その名も「天使の髪の毛」(cabello de angel)たしかに、金色です。

さて、食べてみて。感想は…「もういいです…」

半分で限界でした。だって甘すぎなんだもん…
パン生地はラードを使っていることもあり、ふわっふわでしっとり。とてもおいしいのですが、ジャムが甘い甘い…
スペインではたいていのお菓子が甘い、ということを考慮してもしきれないくらい。

後日、お土産屋さんでクリームのエンサイマーダを試食させてもらったところ、こちらは甘すぎずおいしかったです。まあ、甘さはパン屋さんにもよるのかもしれないです。

セントロに向かってぶらぶらと歩き、マジョール広場の近くにあるバルで夜ごはんにしました。



トルティージャ、アルボンディガ(肉団子)、クロケタ(コロッケ)。いかにも!

マジョルカに来たとたんに、話しかけられる言葉が英語になり、しどろもどろになりました。
お会計で、英語で言われる数字がぜんぜん聞き取れないのでした…
| スペイン日記 | 15:46 | comments(2) | - | - | - |
JerezからMallorcaへ その前にプリンガー
たった3日間のヘレス滞在でした。
夫「もっと長くヘレスでもよかった」そうなの?!ヘレスに新婚旅行って、自分の趣味に走りすぎかと思って日数を少なめに抑えてたんだけど…

でも、今回はスペイン・アラカルト、ってことで。
いろいろ周っていろんな土地を見よう。まだ、マジョルカとバルセロナもあるしね!
(旅行が終わって、結局ヘレスがいちばん好きだと言う夫でした。それはそれは!)

泊まったのがホテルじゃなくて家(しかもやたら広い)だということ。
現地の人と交流が持てたこと。
おいしいものや買い物する場所がすでにわかってること。

それらはプラスになること間違いなしですが、それでもこののんびりした小さな町を気に入ってくれてよかった!

行きの飛行機の中で、
「今回は夫がスペイン好きになってもらえるような旅にしよう!」
と心に決め、自分のやりたいことは2の次にしよう!
と思っていたのに、やっぱりスペインに来てしまうと、あれもやりたいこれもやりたい…
全然2の次にはなってませんでした。反省。

ヘレス空港からの飛行機は12時半。
11時に家を出ればいいからー、という話をぺパ&けいこさんにしたのは昨晩。
「だったら、朝ごはんにプリンガー行く?」行きますーーー!!

このプリンガーを食べるためには、駅を越えて、公園を越えて、ひたすらてくてく歩いていかなきゃならないので、朝の9時に待ち合わせをしました。

いい天気で歩いていると暑いくらい。朝でも半袖で十分な気温です。

けいこさんのブログで見ていた「プリンガー」。
煮込みで使った肉をパンで挟んだもの。
ラードたっぷり、オリーブオイルもたっぷり、脂がしたたり落ちるのをパンで受け止めて、じゅわじゅわしみしみ。
ラーメン好きの夫は大好物に違いないと思っていました。

IMG_4485.jpg

これがそのプリンガー。
ツナに見えますが、にくにくしい肉です。
めちゃくちゃおいしかった!そして、大変に腹持ちがよいです…

おいしかったねえー!と満足して、再びてくてく歩いて家に帰り、バタバタと荷物を持ってぺパとけいこさんに見送られながらタクシーに乗り込みました。

ヘレスでやりたかったこと、まだまだいろいろあったなあ…
次男の娘マリア(3歳)に会えなかったなあー
煮込みのおいしいあのバルも、クルス・ビエホにあるあのバルも、行けなかったなあー
ロサ・デ・オロのケーキも食べなかったなあー
ちょっと遠出してカディスにも行きたかったなあー
ぺパにスペインの家庭料理を教わりたかったなあー(これは夫)
でも全部、次に来たときのためにとっておこう!と誓って、次の土地、マジョルカへ!!

でも、マジョルカへの直行がなくてとりあえずブエリングエアでバルセロナ。2時間。
荷物を取って、再びチェックインして、次はスパンエアでマジョルカ。50分。

バルセロナ空港では無料wifiがありました。ただし15分間のみ。しかも、現地携帯がないとダメ。
名前やIDなどのデータを入れたら、携帯にパスワードが届くという仕組みになっていましたよ。


| スペイン日記 | 17:20 | comments(2) | - | - | - |
Jerez*3日目午後 おじさん生ブレリアに遭遇 
クラスの後、タバンコ(なんと形容したらいいのか…立ち飲みバル的なもの。シェリー酒の樽がどんどんどん!って置いてあって、豊富に飲めるような場所です)に飲みに行きました。ただいま、昼の2時ですが!

IMG_6735.jpg

フランもおすすめしていた Paisaje というタバンコに行きました。家からすぐのところにあります。

私はモスカテル!!!!

モスカテルとは、とっても甘口のとろーんとしたシェリー酒です。
大好きです。おいしいです。デザートのお酒ですが。

IMG_2164.jpg

ここは昔ながらに、カウンターにじかにチョークでその人の金額を書いていくスタイル。
写真のビール瓶とグラスの間にチョークがありますよ。
これならお会計も素早いです。

奥のほうがなんだか盛り上がっているなあーと思ったら、テレビの撮影をしていました。
そのせいなのかなんなのか、地元オヤジ集団がブレリアを歌いだし、だんだんヒートアップしていきます!

その様子はこちらです。
http://youtu.be/2WsC3E549w0

ちなみに、途中から踊りだすおばちゃんは、どこかの清掃のおばちゃんで(だから青い制服着てる)仕事帰りに飲みに寄ったらこんな盛り上がってるから輪に入ってみた、という!!
あー、おもしろい!
こういうことに遭遇できるからヘレスっていいなあ。

IMG_6549.jpg

この赤いシャツのおじさんに引っ張り出され、一緒に踊ったのですが、最後にチューされまして。この光景を見てた夫、爆笑。
「新婚旅行なんだよー」と明かされて、あれまあ!という顔してました、おじさん。

そして私はこの後、飲んでずっと立ったままだったので脳貧血になり、倒れこんでみんなに心配されることになりました…ああーほんとすみません。
通りがかった杖をついたおじいちゃんに「大丈夫?疲れちゃったのかい?」と心配され、馬車のおじさんには「今日はあっついからねー!」と声をかけられ、ありがたいが返事もできない…という状態でした。
レッスン→空腹→高気温→飲酒→立ち飲み→そして踊る、これでモスカテルはダメでした。
| スペイン日記 | 11:11 | comments(7) | - | - | - |
Jerez*3日目午前 ブレリアクラス!
Jerez3日目の今日は、アニーのブレリアクラスに出ることにしました。
毎年通っているクラスだけど、いつもいる人もいれば、そのときだけの人もいて、今日は誰がいるかなー?と行く前からわくわく。去年一緒に発表会に出たメンバーはまだいるかなあー?
クラスをやっているペーニャ・セルニカロスの前に止まっていた小さな黄色い車を写真に撮っている夫の相手をする余裕もないほど、クラスに出られてうれしい!

クラスに入ると、アシスタントのカルメンが「きゃー!」と出迎えてくれました。夫を紹介すると、「で、いつ?いつ産まれるの?」と聞かれ…?!「妊娠したのかと思った!」違うよー!
残念ながら、このクラスを指揮している先生、アニーは足を骨折していて家で療養中。カルメンがクラスをやっていました。アニーに会えなかったのはほんと残念です。

私はフラメンコ靴もスカートも持ってきていなかったので、普段着&サンダルでクラスに参加。

このクラスは11時から1時半ごろまで。まず、カルメンが今日のブレリアのネタを教えてくれて、それをみんなでやった後に各自が外のホールで練習。しばらくしてから一人ずつ歌に合わせて実践。自分の番はだいたい2回くらい回ってきます。

夫はビデオ撮影してくれました。感謝!クラスの模様を撮ったことはあっても、自分の踊っているところは撮って見たことが今までなかったのです。

それがこちら。歌はフンケリータです。
http://youtu.be/YzpC3VO9gk0

いやー私、ものすごく楽しそうです。
ここにくるといつも、頭も体もからっぽになって、そのなんにもないところに歌がぐいぐい浸みこんできます。
だから、歌がどうとか、落ちるところがどうとか、メディオがどうとか、一切気にしてない。
歌が踊らせてくれる、という感じです。ほんとにうきうきしちゃう!
この楽しさを広めたいなあーはああー

クラスが終わってからはタバンコに飲みに行きました。
そこで、ヘレスのおやじたちの生ブレリアに遭遇!それはまた後ほど。
| スペイン日記 | 11:30 | comments(3) | - | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
MIDORI MORINO



SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE

このページの先頭へ