フラメンコ 森野みどり
去年はたぶん今年の分まで踊った
毎年10月に小田急線の南林間駅前で開催されている「南一条フェスティバル」。残念ながら、今年は中止が決まりました。同日開催の大和市のお祭りも中止だそうです。ものすごい人手になりますから、やむなし。

そして、去年の12月に四谷三丁目のカサ・アルティスタでやりました「サンボンバの会」。こちらは今年の12月にもやるつもりで企画されていましたが、密室で合唱するのはどう考えてもアウト…ということで今年は中止することになりました。残念!(「サンボンバの会」とは、クリスマスソングをみんなで歌って楽しむ会のことです)
このためにサンボンバの作り方をヘレスで教わってきたのですが、来年に期待!

去年は一般的なタブラオでのフラメンコライブ以上に、生徒さんと一緒に踊る地域のイベントが多かったのです。一時期は毎週のように何かしらのイベントに出演したりしてて目が回りそうでしたが、地域のお祭りも高齢者施設でのショーも小学校での体験講座も、今年はできないことばかり。
去年踊りまくっていたのは、今年の分まで踊るためだったのかー!
と思うと納得。
| フラメンコ | 18:30 | comments(0) | - | - | - |
ダニエルさんドラマ出演

おうちブレリアでブレリアを歌っていただいたフラメンコの歌い手ダニエル・リコさん。

今度、ドラマ「ハケンの品格」のフラメンコシーンに出演されるそうです!

7月1日の放送回とのことですよ。我が家にはテレビがないので残念ながら見られませんが…みんな見てね!

 

ダニエル・リコさんが歌ってくれたブレリア動画はこちらの2本。

 

【おうちブレリア5】

 

 

【おうちブレリア6】

 

 

そしてダニエルさんのYouTubeチャンネルはこちら

https://www.youtube.com/user/demasiadorico1/

| フラメンコ | 10:38 | comments(0) | - | - | - |
今は歌わない
フラメンコのレッスンを、マスクではなくフェイスシールドを付けてされている先生が多いようなのですが、こんなの見つけてしまいました。

「シールド着用に効果なし」。合唱の危険性について、ドイツの研究者による新たな知見。

https://mcsya.org/shield-meaningless-choir/

これは合唱での話なのですが、フェイスシールドを付けて歌うと、シールドに当たった飛沫がエアロゾルとなって部屋全体に広がる、ということです。

フラメンコのレッスンって、クラス中ずっとじゃないけど歌うよね???!

フェイスシールド1枚付けて密閉されたスタジオでレッスンをするのは、対策をしているようでしていないということなのかも…

昨日見つけたばかりで出典元の文献やらなにやらは全く読んでないのですが、同じブログ内にこんなのもあって、

「アー」と30秒言い続ける。30秒咳をし続ける。どちらが粒子をたくさん発するか?→「アー」の方が倍。

https://mcsya.org/choir-high-risk-afp/

歌うってすごい威力だな!!

歌のジャンルによっても結果が変わってきそう。いろいろなジャンルの歌い手を集めて実験してみてほしいなあと思いました。

ということで、私はレッスンで極力歌わないようにしようと思います。幸い、バイレフラメンコで振付してたので、ここはCDに頼れるだけ頼ります。歌えるような世界になったら歌えばいいのだ。

| フラメンコ | 10:40 | comments(0) | - | - | - |
Flamenco Desde Casa

へレス市が協賛して、へレスのフラメンコアーティストたちが家でフラメンコして動画配信しています。

 

https://flamencodejerez.org/archivo/videos/flamenco-desde-casa/

 

おなじみJosé Carpio `Mijita`も!

マルティネーテとティエント・タンゴ、ファンダンゴ、ブレリアを歌っています。次から次へと歌う歌う!

すべて無伴奏です。ブレリアを無伴奏で、パルマもなしで、たった一人でって、あんまり聴かないですよね。

最後に寝室で小さなフィエスタしてますよ。

 

 

踊りで参加しているのはアニーのブレリアクラスで教えているエステル。

ソレアポルブレリアを歌なしで。

この馬柄のファルダ、へレスのピソ近くにあるフラメンコ衣装屋さんのショーウィンドウで見たやつだ!「着る人選ぶなあ…」と思ったんですよ。うん、すごく似合ってます。

こちらも最後はフィエスタ。さすがへレスです。

 

 

他にもたくさんあるのでぜひ見てみてください!

 

| フラメンコ | 11:31 | comments(0) | - | - | - |
自分と向き合う1か月

動画レッスンを4月下旬からお試しで始めて、5月からは本格スタート。

レッスン動画を撮影しつつ、生徒さんから送られてくる宿題動画を見て、「ここをこうしてみて」と伝えるアドバイス動画を撮って送る。

 

とにかく、踊る自分と向き合う1か月でした!

ここまで踊る自分を見つめ続けたことはないだろう!というレベル。

 

それは私だけではなくて、動画レッスンを受けていた生徒さんたちも、でしょう。

 

生徒さんの中には「宿題動画を32回取り直した」というかたもいて、びっっっっくり!!!!!!です。

一回撮ったら「ここがだめ」、次に撮ったら「あれがだめ」とエンドレスだったそうです。

(注:生徒さんには「宿題はできてない状態でOK。むしろどこができないか知りたい」と言ってあります)

そこまで踊ったらそりゃあ自分のできてないところがはっきりわかるよね!

そして私が送ったアドバイスは翌週には消化されているのです。すごいよ!

 

また、ある生徒さんは、私から数年間同じことを注意されていたのですがまったく直らずだったところ、なんと!動画レッスンで!一発で!直っちゃったよ!!!ええーーーっ!

 

つまり、今までのスタジオレッスンでは、自分を見ているようで見ていなかったんだな。

それが、動画レッスンで自分の踊る姿を撮影して人(私)に送るという過程(「ものすごく勇気が必要でした」とは生徒さん談)で自分を直視せざるを得ないので、どう直せばいいのかわかってしまう。

 

毎週欠かさず宿題を送ってくれていた生徒さんの伸びが、とてもとても大きな一か月でした。

 

| フラメンコ | 10:04 | comments(0) | - | - | - |
タラントのコンテスタシオン「放蕩息子が三日三晩帰らない」

 

動画レッスン「タラントクラス」のコンテスタシオン語呂合わせが好評だったので、ここだけ公開。

 

もちろん、Ay mi muchacho のレトラにのせたコンテスタシオンです。

レトラのmuchacho が放蕩息子じゃなかったらごめんなさいだけど…

 

レッスン動画の中でずっと語呂合わせしてるわけではありません!

レッスンは30分くらいで、

・今週のストレッチ

・各曲のレッスン

・今週のブレリア

の三本だてです。

| フラメンコ | 08:40 | comments(0) | - | - | - |
Feria en Casa
コロナで私が得たもの。
それは動画編集力。

コロナ以前は動画編集なんてしたこともなく、発表会で撮影したビデオをYouTubeにあげるのも我が家のIT大臣にお願いしていました。
しかし、コロナでレッスンができなくなってからはメキメキと動画編集能力を身につけ、とうとう生徒さんたちとフェリアに行ってセビジャーナスを踊ったみたいな動画を作りました!

ジャジャーン!





歌が好きな生徒さんにセビジャーナスを歌って動画にしてもらい、その歌に合わせて踊りたい生徒さんに家でセビジャーナスを踊っているところを動画に撮って送ってもらい、みんながフェリア会場にいるかのように編集。
開催していたらちょうどヘレスのフェリアだったんですよね〜(もちろんコロナで中止です)
みなさんに喜んでもらえてうれしい!
| フラメンコ | 17:55 | comments(0) | - | - | - |
プエンテ・デ・セビジャーナスつなぎ
日本フラメンコ協会が4/29に企画していた「プエンテ・デ・セビジャーナス2020」。
2020人でセビジャーナスを踊ろうというイベントでした。
が、コロナで中止。

でも、4/29を始まりの日にしよう!ということで、セビジャーナスを踊って動画にしてSNSにあげてバトンをつないでいこー
という企画がスタートしました。

で、私はいつもパワフルな踊り手の畑中美里ちゃんからバトンを受け取りまして、川島桂子さんの「アンダルシア憧憬」で、家族3人セビジャーナスしました。
娘がコロナ退治にオリジナルのアマビエを描いたので、アマビエ様に囲まれてのセビジャーナスです!

次のバトンは、
マラガのベナルマデナでフラメンコしているAsami IkedaちゃんとJaime ファミリー
宮古島でフラメンコしている今井麻未ちゃん
に回します。
よろしくお願いします!

#セビジャーナスつなぎ
#プエンテ2020

川島桂子「Sevillanas 〜アンダルシア憧憬〜」https://youtu.be/quUgVLSlnZQ

<セビジャーナスつなぎ>日本フラメンコ協会(ANIF)30周年記念「2020年、2020人による大セビジャーナス」=PUENTE de SEVILLANAS 2020に込めた「人と人、そして未来へとつながる架け橋 “PUENTE” になろう」という想いを、コロナ禍を超えた先の未来につなぐフラメンコのバトン。それが「セビジャーナスつなぎ」です。
| フラメンコ | 16:05 | comments(0) | - | - | - |
すごい世の中
LINEでギタリストや歌い手に「シギリージャのエスコビージャで◯コンパス」とか、「ティエントのファルセータ」とか、「なんかブレリアの歌を」とか注文して、家で録音した音源をLINEで送ってもらい、そのギャラをLINE Payで払う。

そして、それをそのまま生徒さんにLINEで流したり、自分の踊りを加えてYouTubeにあげたり。

すごい世の中になったもんだと思う。
| フラメンコ | 17:30 | comments(0) | - | - | - |
ホセが起きるのか、マリアが起きるのか

来る日も来る日もビジャンシーコ。

自転車に乗っては歌い、電車に乗っては口パクで(うっかり歌っていないだろうか…)。

なぜならば、今週末のサンボンバの会でビジャンシーコを4曲歌うからです。歌詞見ないでね。見てたらパルマできないからね。

 

その4曲のうちの1つ。あまりにも有名な"Villancico del Gloria"

(Gloriaだから"la"なのでは?と思うでしょう!思いました、私も。しかしこの場合のGloriaとはイエスキリストのことなので"el"なのです。ちょっと!奥が深くないですか?!)

 

このかたの"Gloria"が最高にかっこいいです。

セビージャのカテドラルでのコンサートの模様。こんなの生で聴いたら泣く…

 


 

映画「フラメンコ」で歌われたマカニータの"Gloria"

 

 

ホセ・メルセバージョン

 

 

続いて、曲調はがらっと変わって"Iban Caminando"

 

”Gloriaと"Iban Caminando"、歌っている内容はほとんど同じです。イエスキリストが生まれるまでのホセ(ヨセフ)とマリアのお話。

 

なのですが。

"Gloria"では、今晩泊まる宿がなくて、絶望で気を失って倒れるマリアに「起きてマリア。僕がいれば心配ないよ」と言うホセ。

一方、"Iban Caminando"では、早々に馬小屋で休むことに決めたホセに「寝てていいわよ。なんかあったら起こすから」というマリア。そして「生まれたから起きな、ホセ」と!驚愕の出産事後報告!

内容が同じなのに違いすぎて笑ってしまいます。曲調の違いがそれを物語っている…

 

 

前回のブログで書いた"Calle de San Francicsco"

 

 

"Tin Tin Catalina"

 

12/1のカサアルティスタでのサンボンバの会にお越しくださる方はぜひぜひビジャンシーコの予習復習を!!

| フラメンコ | 15:28 | comments(0) | - | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
MIDORI MORINO



SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE

このページの先頭へ