フラメンコ 森野みどり
マドリー
さて、ヘレスからマドリーへ。




マドリード バラハス空港のお子様ホイホイ。キッズスペース点在しすぎ。


毎年マドリーで泊まるホテルがあって(お気に入り)、その近くにあるカプリチョ公園が素敵なのでまた行こう!と思ってお散歩。
そしたら公園は土日のみの開園でした…がっかり。
しょうがないので近くを散策。


こんな素晴らしい藤棚があった。




これを見れただけでも十分でした。


団地の敷地内にある小さな公園で遊ぶ。下がサラサラの砂なので転んでも痛くないのはいいけど、靴の中に入り込んでしょうがない…





マドリーとは言え、ここは郊外なので自然がいっぱい。
この静けさが良くて、マドリーのセントロには泊まれません。店やバルが少ないのはちょっと困るけど。


公園はやたらとある。


こどもは十分にエネルギー発散できます。


マドリーに来る理由は友達のゆきちゃんに会うこと。ゆきちゃんがいなかったらマドリーも素通りかもしれません。あとはエル・コルテ・イングレス(デパートの名前)の地下で買い物することも楽しみですが。

そのゆきちゃんとグランビアで待ち合わせしてランチ。スーツケースがいっぱいでもう買い物できないんだよーと言うと、「うちにいらないスーツケースがあるからあげるよ」と!!
ください!と即答。
そして、ゆきちゃんが家に帰ってスーツケースを持って来てくれました。神様でした。
で、結果としてエル・コルテ・イングレスの地下で買い物できました。
ありがたや〜


おやつもくれた!


夫が持っているのがもらったスーツケース


そして翌日スーツケース3つで帰国便に乗りました。
これで2018スペイン日記は終わりです。
| 子連れスペイン2018 | 15:10 | comments(0) | - | - | - |
ヘレスまた来年
4/28、ヘレスを発つ前日。遊び納めにいつもの公園へ。そしたらたまたまこっちで出会ったYくんとパパママがやって来てしばし遊ぶ。シンガポールで会おうね、と約束してお別れしました(Yくん家族はシンガポール在住)。



その後、お茶でもしようと言って店に入る。とにかく寒かった!テラス席は無理!


生ハムの味を覚えた5歳児。


腹の足しにはなりそうにない。


翌日。ヘレスを発つ日。夕方の便だったので午前中は散歩でもできるかななんて思っていたけど、ひたすらスーツケースと体重計とのにらめっこで終わりました…
結局23キロ(預け入れ荷物の上限)ギリギリ×2個。マドリーでなにも買えないね…


大家さん一家は孫のプリメラ・コムニオン(七五三みたいなもの)で一日中外出。置き似顔絵を残して出ました。


ヘレス、また来ます!
| 子連れスペイン2018 | 18:30 | comments(0) | - | - | - |
ソラジャ様

ソラジャのスタジオにて。この日が最後のレッスンでした。去年からソラジャのクラスを受け始め、最初はエスコビージャがついていけなかったのですが、だんだんと鍛えられてどうにかこうにか。

このスタジオはソラジャが自分で改装しているらしく、「そのうち更衣室を作る!」と言っていたので来年はまた変わっていることでしょう。
ちなみに元々バイク乗りが集まってフィエスタする場所だったらしいです。

ある日、ソラジャのレッスン中にラティゴ(足を鞭みたいに使って音を出すやり方)をひたすらやっていて、釘が引っかかったような感覚を爪先に感じたのですが、床を見るとすでに板に引っ掻いたような跡が!
コソコソと靴を脱いで裏を見たら釘がちょっと浮いていたのでゴンゴン叩いて戻していたら「何してるの?」と聞いてくるソラジャ。
「床を削ってしまった…」と申し訳なく言ったら、

「そんなの何でもない!むしろ削れてるほうが素敵だし、練習したんだな!って思う」

って!!神でした!!!

日本だったらすっっっごい怒られるやつですけど。
| 子連れスペイン2018 | 12:25 | comments(0) | - | - | - |
誕生日パーティー
娘、ヘレスで6歳の誕生日を迎えました。

ここ4年続けてスペインで誕生日を過ごしているのですが、いつも親がぼんやりしていてちゃんと祝ってなくて(去年はモストに行ったとき、けいこさんがサプライズでケーキを買ってきてくれてお祝いしました)、これはいかん!と思い、夫と私でばっちり準備しました!(当然だけど)



こちら流に17時とか18時あたりのおやつの時間にお友達に集まってもらい、テラスでパーティー。どでかいアニメキャラクター入りのケーキと、サンドイッチ、ちらし寿司、お菓子、ジュース。そして「誕生日おめでとう」と書かれた紙皿。大家さんのペパがティアラをプレゼントしてくれました。


30×40センチほどのケーキ。なんと10ユーロ(1300円)。娘が大好きなアニメキャラクターです。日本では放映されておらず。残念。


山盛りに盛ったお菓子はなくなり、ちらし寿司もサンドイッチもすっかり食べてもらったし(激甘ケーキは翌日まで食べ続けた…)、こどもたち同士も仲良くなって、両親とも大満足。娘もとてもうれしそうでした。

やっぱり、こどもはこども同士で遊ぶに限るね。


ゲームに群がる男子とメイクごっこをする女子


水色ばかり塗りたくるので(まぶたにも頰にも)、2人とも真っ青な顔に仕上がった!


さて、スペイン日記はいつになったら終わるのか…

| 子連れスペイン2018 | 12:00 | comments(0) | - | - | - |
ヘレス動物園遠足
4/26(木)はカルメンのクラスを受けたあとに、ヘレス動物園に行きました。


ピソから歩いて30分


じゅんこちゃんとまゆみちゃん一家がヘレスに集まることが決まって、絶対行こう!って計画してたのがヘレス動物園(あとエル・プエルト・デ・サンタマリアのフェリアにも行きたかったけど、こちらは断念)。


着いた!


レッスンに行っている間に夫がボカディージョとおにぎりを作っておいてくれたので、動物園に到着するやいなや食べ始める。私たちは運動後なのでね…


入場ゲートをくぐるとフラミンゴ


ラクダを観る
なんでこんなに人がいないのか?!

お客さんが私たち以外いない、という感じでどの展示前もガラガラ。平日だからかな〜ゆっくり見れていいね!
なんて言いながら売店とカフェがあるエリアに着いたら人がわんさか。あ、ランチタイムだったからか。

カフェで4 café con leche と 1 manchao を注文。「マンチャーオ」とはミルク多めのコーヒー。ほんとうはmanchado マンチャードです。訛ってマンチャーオ。




コップが!斜め!


斜めでも倒れないんだね〜
両脇のカフェコンレチェはコーヒー半分、真ん中のマンチャーオはコーヒー4分の1ですね。

余談ですが、カフェコンレチェが重いなーと思ったときは私はマンチャーオか、カフェインレスを頼みます。descafeinado de máquina con leche です。descafeinado de sobre con leche って言うと牛乳とカフェインレスの袋入りインスタントコーヒーが出てきます。
どこにでもカフェインレスのコーヒーはあります。バルにも、ホテルの朝食バイキングのコーヒーマシンにも、機内サービスにも。日本だとカフェインレスは高い値段設定ですが、こちらは同料金なのが素晴らしい。



大人はコーヒー、こどもはアイス休憩をしました。

カフェを出たらクジャクが散歩してたので尾行。








このかたは羽を広げてはくれませんでしたが(そもそもメスがいなかったし)、別のかたが全開にしてくれました。


と思ったら裏側だわ、これ…



2人仲良くレッサーパンダを観てたら


「あ!見て見て!ダンゴムシいるよ!」「ほんとだー!」
それ、どこにでもいるやつ…



ヘレス動物園の一押し「イベリコヤマネコ」



お疲れの親(こどもはすみっこで1人サッカーしてた。有り余るエネルギー)



撮影やめて、ってされた


平日だったので遠足の小学生が多かったです。
動物園での遠足でもお小遣いを持参していて、お土産ショップで何を買うかたくさんのこどもたちが頭を悩ませていました。
こちらの小学校にはおやつの上限金額はあるのだろうか?
| 子連れスペイン2018 | 19:30 | comments(0) | - | - | - |
男性の名前は覚えられない
興味深かった話。

ヘレスのピソに、まずじゅんこちゃん。そして次にまゆみちゃんファミリー(父と母と息子)が相次いで到着したとき、大家さんのペパに紹介をしました。
そしたら男2人の名前は全然覚えられなくて、「giro (回転、という意味。読みは ギロ じゃなくて ヒロ になる)だよ!」って教えて、ペパは何度か頑張って言い直すも
「あー!もう、パコとパキートね!」
と勝手に命名。

これ、うちの夫も同じでした。7年前に新婚旅行でヘレスに来た時、
「今日からアントニオだ!」
とペパの旦那さんに命名され、以来アントニオで通ってます。

「マユミはここによく泊まりに来る子が同じ名前だし、ジュンコは川に生えてるjunco(葦)だし、ミドリはDoriってスペイン人の名前であるし、サクラSacraもスペインにある名前。でも日本の男の人の名前は全然覚えられない!」とのこと(mi Dori 私のドリ ということで初めてヘレスに来たときは ドリ って呼ばれていました)。
たしかに男性の名前は女性のに比べて長めだったりもするしね。

その後、ペパと話すときは常にパコと呼ばれていました。
「パコのギター聴いたけどすごく上手でパコ・デ・ルシアかと思っちゃった!」とペパが言っていて、ギターの神の名をつけるなんて名付け親すばらしいチョイスだったな!と思いました。
| 子連れスペイン2018 | 09:20 | comments(0) | - | - | - |
恒例のモストごはん
4/22(日)、ソラジャの個人レッスンを昨晩到着したばかりのじゅんこちゃんと受けた後に、けいこさんに誘われてモストに行きました。

けいこさんとモストに行くのはここ数年の恒例行事になってます。

【過去記事】
モストに行ってたらふく食べた
http://blog.luna2.ciao.jp/?eid=1000275

前はMosto Domi に行ってましたが、去年と今年はMosto Tejeroへ。

なにやらこの日で営業終了だと。
と言っても閉店するということではなくて、期間限定食堂なのです(メインは秋〜冬)。
だけど結局その翌週まで営業してたそうで(ありがち)。

モストというのはマドリードとかだとアルコールなしのブドウジュースのことになるらしいですが、こちらではお酒になる前の若いワインのこと。でも出来立ては秋なので翌年の春になると、まあ若いけどフレッシュでもないよね〜ってことで、「モストに行く」と大家さんに言ったら出かける直前にサメのフライを出され「今の時期のモストはちょっとあれだから(=悪酔いする)酔わないように食べてけ」って。で、それがまた熱々でおいしかったんで、モストに行く前に満たされてしまいました。


そうは言ってももちろんモストを飲む。




ベルサは外せない!何はなくともベルサ!食べたらフラメンコもうまくなるし!(という言い伝えがある)


これ、corvina という魚で辞書をひくと「ニベ」ってことだけどどんな魚か想像つかず。魚にアーモンドと小エビがかかってて、とてもおいしいんだけどそれぞれに食感が主張しあってました。ハーモニーは…なかった。


夫の好物、卵の黄身と砂糖だけのプリン(右)
おいしそうだったのでチョコレートケーキ(左)
年々甘さが控えめになっている気がするスペインのお菓子。二つとも完食できる勢いでした。

他に、イノシシの肉(くさくない!おいしい!)や、コロッケ(ミント風味で娘、食べるのを拒否)や、肉団子(ベルサの向こうに見えるやつ)も食べました。


斬新な装飾



食後の動物ふれあいコーナー
スタッフのアルバロと


猫の名前はカネラちゃん


ニワトリも放し飼い(柵はあるけど開放されてた)

アルバロが「卵あるから見に来て!」って言うので鳥小屋の中までついていったら、巣で温めているメスをわざわざ持ち上げて卵を見せてくれました。お、怒っているんじゃないかな…???


アルバロとは去年からちょこちょこと会っているので娘も気を許しているのか絵に描いてました。


これがけっこう似ているの!

アルバロもこどもが好きなようで、モストでガチャガチャやらせてくれたり、アイスくれたり。

アルバロに限らず、スペインってこどもに優しい人が多いです。
通りを歩いていると「美人さんだねえ〜!」と娘に声をかけてくるおじいちゃん多数。それゆえ娘は覚えたのです。guapa という単語を。


一緒に行ったじゅんこちゃんもブログに書いてましたよ!

http://kazeatoflamenco.blog.fc2.com/blog-entry-661.html?sp
| 子連れスペイン2018 | 23:05 | comments(0) | - | - | - |
マリアと
今年もマリアとよく遊びました。




パティオでお絵かき



部屋でお絵かき







パティオで音楽をかけて踊り狂う人たち





誕生日パーティーでメイクをしあう。このあと2人とも真っ青な顔になった…(なぜか青のアイシャドウを頰にも塗りたくっていたので!)
| 子連れスペイン2018 | 22:20 | comments(0) | - | - | - |
スペインでのごはん
スペインではほぼ自炊でした。夫ごはん。
外食したのはほんとに数回。


今年もやりました。カラコレス。モンティ師匠とともに。


ハーブとスパイスが効いてて大変美味しく頂きました。



カレーとpijota ピホタ(メルルーサの稚魚)
pijo/pija (「気取った」という形容詞)というのはここから来ているのではないか?というお話です。へえー!



mejillón (ムール貝)
夫の料理の師匠であるモンティがおススメしていたムール貝を食べました。

そして、余ったスープを…

リゾットに!これがとても美味しかった!



テラスでランチしたりしてね。



なんと、スペインでも手打ちパスタを作った夫!
ブルーチーズとパルミジャーノのチーズソースにアボカドを入れて。
左奥に見える黒いのはmorcilla (血のソーセージ)とalcachofas (アーティーチョーク)



またムール貝を食べたのでそのスープで今度は鶏肉も追加したリゾット。
向こうに見えるのはchicharrones (豚角煮の唐揚げ)



夫の得意料理となったlenteja (レンズ豆)の煮込み。「習いたい!」と隣の部屋に入っていたまゆみちゃんに言われ、教えていました。そのまゆみちゃん作のレンズ豆はヘレス最後の食事となりました。おいしかった!
| 子連れスペイン2018 | 15:00 | comments(0) | - | - | - |
帰国しました
He llegado a Tokio.
帰国しました。
1ヶ月のヘレス、あっという間でした。



娘、来年は小学生になるので長期で行けるのは最後だと思い、レッスン三昧にはせず家族でのんびり過ごそうと思ってましたが結局週5ペースでレッスン受けてました…午前はレッスン、午後は公園という日々。

いつも思うのは、やっと耳がスペイン語に慣れてきて「やった!」と実感する頃にはもう帰国間近。ああ〜残念。

次回の渡西は来年の夏休みかな?
| 子連れスペイン2018 | 15:32 | comments(0) | - | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
MIDORI MORINO



SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
Midori Morino

バナーを作成



このページの先頭へ