フラメンコ 森野みどり
札幌旅行 白い恋人パーク
4日目は朝から小雨。室内でも遊べるところ、と白い恋人パークに行きました。
見学できる白い恋人の製造工場が改装中なので入場料は無料。工場が見られないだけで無料って!太っ腹じゃない?

こども向けの無料の謎解きをやって外に出たら雨は上がっていました。



ちなみに謎解きは2つあって、終わるとキラキラシールと焼き菓子をもらえます。こちらも太っ腹。

さて、目当ては白い恋人パークのとなりにあるガリバータウンでした。
http://www.shiroikoibitopark.jp/sp/experience/gullivertown.html

こどもサイズの小さな家が立ち並び、入場時にもらえる「ガリバー」というお金でゲームをしたり、ドレスに着替えたり、ヘアセットしてもらえたり。
幼稚園児くらいが1番楽しめる気がしました。もちろん娘は全然帰りたがらず!


不思議の国のアリスのドレスを着て、ヘアセットまでしてもらいました。こないだ城でプリンセスになったばかりのような…?


メガネ屋さん


ケーキ屋さん


床屋さん(姪っ子に付き合う叔父)


レストランの調理場(姪っ子に付き合う叔母)

夏はドレスを着たまま遊べるのがよいですね。寒い時期はちょっとつらいかな。


かわいい街でした。

どうにかこうにかガリバータウンを出て(昼ごはんすら食べていない)、サッポロビール園でジンギスカンの夜ごはん(と言っても4時)。




鍋が北海道!

ジンギスカンおいしかった!
| | 09:30 | comments(0) | - | - | - |
札幌旅行 滝野すずらん公園
3日目は弟夫婦と滝野すずらん丘陵公園へ。

の前に、公園の手前にあるいちご農家がやってるアイスクリーム屋さんに連れて行ってもらいました。
自然満喫倶楽部
http://www7b.biglobe.ne.jp/~sizen-mankitu/



札幌で食べたものの中で1番おいしかった!
ソフトクリームの下にいちごがたっぷり。店の裏がいちご畑なので採れたて。
娘は「ラムネアイス」を注文。いちご農家だろうがなんだろうが食べたいものを食べるよ。



滝野すずらん丘陵公園。
http://www.takinopark.com
こどもは無料。大人は450円。
気温は18℃。ダウンを着ている人もいれば半袖の人もいました。ダウンはさすがにね…


とにかく広いんで


中心ゾーンの


「こどもの谷」をメインに回りました




虹の巣ドーム
これ、箱根彫刻の森美術館にもあったけど安全性の問題で(?)いつのまにかなくなっちゃったやつ!


フワフワエッグ
これはよくあるけど、向こう側がこんなに広大にひらけてるとこってなかなかない


あり塚の塔






あり塚から滑り台で一気に外に出られる


女王アリは結局見つけられませんでした…








締めにミニSL



こどもの、体力を使い果たすまで遊んでいきなり電池切れるところ、すごいなと思う。目の前のものしか見えてない感じ。

この日も弟宅に泊まりました。
| | 13:45 | comments(0) | - | - | - |
札幌旅行 定山渓とノースサファリ
そんな札幌旅行でしたが楽しかったです。

1泊目は定山渓温泉へ。


定山渓ビューホテル。どっしりとしたレトロな家具が置かれた部屋でした。金持ち感がすごい


この大広間で朝夕バイキング。広すぎて、人も多すぎて、テーブルにたどり着くまでが大変!やっぱりここの家具も重厚感。昭和から使い続けている感じ。長持ちするってすばらしいね。


部屋からの眺めがとてもひらけていて良かったです。残念ながら2日目も雨だった…


このホテルの売りは室内プールでしたが、娘と夫に遊びに行ってもらって私は部屋で寝てました…あーあ。でも温泉には入りました。

翌日はノースサファリサッポロ。


餌付けできたり、囲いの中に入れたりして動物がとても近い!


近い!


後ろの木の扉が出口なんだけど、ペリカンが邪魔して出られない。ペリカンってこんなに大きいんだ!


カワウソにエサをあげる






しっとりした手でした






この後、この子に持っていた折りたたみ傘をかじられた。夫はオウムに脚をつつかれたそう。そしてそんな両親を見て怖くて「早く出たい!」と叫ぶ娘


アヒルロード。突然飛び出してくる動物がいないか警戒している娘




小さな手を広げてエサを取ろうとするビーバーがものすごくかわいかったです

2泊目は弟家族の家に泊めてもらいました。

思えばこのころから娘の鼻が詰まっていたな…中耳炎の始まりだった…
| | 09:26 | comments(0) | - | - | - |
そして城
群馬県のロックハート城に行ってきました。はるばる。
出発前日、まさかの娘発熱39℃超え!でも出発当日の朝には37℃に下がりましてどうにかキャンセルを免れた!予定では朝早く出発するつもりでしたが、変更してのんびり出発に。

さすがに日帰りは無理な距離なので一泊二日で。泊まったのは高山温泉ふれあいプラザのコテージ。



こういう山小屋が6棟点々と建っているんです。
ネットから申し込みをしたときは「残り1棟」だったんですが、行ってみたら私たちの他にもう1グループしかいなくて「どういうこと?!」と思いました。真相はつかめず…


平成10年に建てられたもよう


病み上がりの娘に無理をさせないように、この日は移動のみ。コテージに3時にチェックインしてあとはのんびりゴロゴロ。夕方、併設されてる温泉に入り、お食事処で夜ごはんを食べて、コテージに戻って、寝る。
夜空を見上げたら星がよく見えて感激しました。

翌朝になると娘は絶好調。すっかり快復してました。
開園と同時にロックハート城へ。


津川雅彦がスコットランドから持ってきて移築した本物のお城です


なんでここに来たかったのかというと、プリンセス体験(ドレスを着る)がしたかったのです。


たくさんのドレスから好きなものを着られて、ティアラやアクセサリーやブーケなども付け放題!

娘は自分の好きな1着を選び、ベールとブーケも気に入ったものをチョイス。満足そうでした。


朝一で行ったので他にお客さんがいなくて写真撮りまくりでした。



こういうドレスを着られる所はいろいろあるけど、お城でできるってところがいいよね。

制限時間は1時間なんですが、30分で「疲れた…もう脱ぎたい…」と。
最初に試着したドレスがものすごく重くて、裾も引きずるほど長くて。結局それはボツになりました。娘が最終的に選んだこの水色のドレスは軽いし、足が出るし。それでも疲れるなんて、プリンセスになるのも楽じゃないね。


サッサ帰る後ろ姿



レストランでお子様ランチを食べたときにもらったシャボン玉を楽しむ元プリンセス


そしてロックハート城を出てから道の駅に寄って、地元産の野菜をたくさん買って帰りました。
| | 17:45 | comments(0) | - | - | - |
娘と箱根
娘と2人で今年の夏も箱根旅行に行きました。



箱根湯本は暑さ変わらず…



今回のメインはユネッサン。
夏休みですから、相当混んでいると予想。入場するにもかなり待つだろうと思ってましたが意外とそうでもなかったです(受付カウンターを通るのに20分待ちくらい)。
プールゾーンと温泉ゾーンがありますが、きっと温泉は入らないだろうとプールのみのチケットを購入。案の定、プールだけで満足でした。




ワイン風呂


コーヒー風呂

混み合っていたのはフードコート。注文するのに30分!その間、ぼんやり待っている娘が寝そうになっていたのであわててiPhoneを渡すと、せっせと「防災アプリ」の防災クイズをやってました。防災意識の高い子なんですよねえ。

外のプールもありましたが、水着で外にいると涼しいというか、冷えてくる…箱根の山の中だと気温も低めなのかな。日差しはギラギラでした。



去年と同じホテルに泊まり、翌日は生命の星・地球博物館へ。


人が…いないぞ…


入り口に待っているクマ


天井

博物館は、恐竜の骨格標本が襲いかかるように展示されていたり、動物のはく製がずらりと並んでこっちを見ていたり。とてもおもしろい展示だったのですが、娘は「こわい!」と目をつぶって素通りでした。ちょっと早かったかな…
「早くレストラン行こう!」と言うので博物館の中にある喫茶店へ。


恐竜ハヤシライス


地層パフェ

インスタ映えまっしぐら!なメニューでしたが、ほかにお客さんはおらず…

ミュージアムショップで恐竜発掘セットを買い、地球博物館を出ました。

続いて、かまぼこ博物館へ。



ちくわとかまぼこ作り体験。


帽子とエプロンをつけて。さあ!早くやりたい!


たまたま職人さんの隣の席だったため、職人の素晴らしい手元をずっと見ながらできたのであっさりツルツルのかまぼこができてしまい、ヒマなところです。



かまぼこはお持ち帰りですが、ちくわは焼きたてをすぐに食べられます。これがおいしい!スーパーで買うちくわとは全然違う!いつもはちくわを食べない娘もガツガツ食べました。

かまぼこ博物館はかまぼこ作りコーナーの前にキッズスペースというかアスレチックがあり、3階にも遊べるところがあって、親にはありがたい施設でした。そこで遊びまくった娘は帰りの電車でもちろん電池切れ…

じつは20年ほど前にもかまぼこ作り体験してました。
そのときにはこんなキッズスペースがあることなんて気がつかなかったなあ〜

今年の2人旅も楽しく終了しました。
| | 17:45 | comments(0) | - | - | - |
ちりちゃんのヘレス日記
踊り手友達のちりちゃんこと、凌木智里ちゃんが去年ヘレスに行ったことをブログに書いてます。おもしろいからぜひともお読みください!私もチラチラ登場しています。

踊る喋り屋のぶろぐ 〜フラメンコとラジオ〜

9.18 ペーニャと銅像スタンプラリー@Jerez
http://cnokichi.hatenablog.com/entry/2017/10/23/2017_9_18_ペーニャと銅像スタンプラリー%40Jerez


9.21 Jerez〜Madrid
http://cnokichi.hatenablog.com/entry/2017/11/27/2017.9.21._Jerez〜Madrid

↑なぜだかこの投稿とリンクできないので、「ペーニャと銅像スタンプラリー」からどうぞ。
| | 11:04 | comments(2) | - | - | - |
熊本旅行 3.天草
阿蘇2泊してから天草へ移動。
天草は遠い!そして広い!
休憩を挟みながら車で4時間ほどかかりました。
夫の会社の社長が「天草はオーストラリア並みに大きいぞ」と言っていたらしいけど、それも全然大げさとは感じないくらい。
天草に2泊しましたが、島の1番遠いところにある素敵な教会たちは観に行けませんでした。ほんとに遠いの。


ホテルの目の前がビーチ
夏に来たい




天草オリーブ園AVILOに行きました。
販売している全種類のオリーブオイルを試食して、気に入ったのを購入。
店員さんが「家に帰るとなんかしらの野菜が置いてある」って言ってて、えー!
「でも野菜見て、あー◯◯さんだな、ってわかる」って。こののどかさいいなあー
家に鍵はかけないそうです。平和だ。
誰かが持ってきてくれた新鮮な野菜にオリーブオイルをかけて食べたらさぞかしおいしいであろう!

で、天草に2泊したのに行ったのが道の駅と公園とオリーブ園だけだったんですけど、なんでかと言うと娘が発熱したから!
阿蘇で「帰りたい」と言ってたのはもしかしたら予兆だったのかもしれません。

最後バタバタしてたので絶対買おうと思っていた「シメサバのかまぼこ」が買えませんでした…あと、天草ちゃんぽんも天草大王も食べられなかった…あー。
天草はやり残したことがたくさんあるのでまた次回に持ち越しです。
| | 20:00 | comments(0) | - | - | - |
熊本旅行 2.草千里ヶ浜
個人的に阿蘇に行きたかった理由は草千里ヶ浜を見たかったからです。

大学生のときにキャンプ部で夏休みに九州一周したんですけど、そのときに行った草千里ヶ浜がとても印象的でした。草が青々としていてひたすらだだっ広くて。寝っ転がって空を眺めたのを覚えています。

冬なので一面茶色だったけど、だだっ広さはそのまま。



夫と娘は乗馬体験。




後ろに見える池は雨水が溜まったところ




寒いけど山にも登る



この草千里ヶ浜に行くまでの道路が地震の影響でいまだに通行止めになっているので迂回して行きました。
他にも周りたいところはあったけど、迂回するので時間がかかるため断念。
でも名物の「あか牛」は食べに行きました!
| | 10:10 | comments(0) | - | - | - |
熊本旅行 1.阿蘇ファームランド
娘発熱だ、ライブだ、iPhone壊れた、娘溶連菌だった〜とバタバタしている間にかなり時間が経ってしまいましたが、11月末に熊本旅行に行きました。
なんで熊本かと言うと、夫の会社が熊本を応援しているからです(ざっくり)。
会社の社長が「天草はよい!」と勧めてたので天草と、個人的に行きたかった阿蘇の二ヶ所を回りました。

まず阿蘇に2泊。


阿蘇ファームビレッジ

すべての部屋がドーム型で独立しています。



ドーム型ゆえ、遠くの音が耳元で聞こえるという現象が…
部屋にベッドが4つあったのですがたまたま選んだベッドの場所がハズレでした。横になると、何らかのモーター音が恐ろしく大きく聞こえるのです、耳元で。寝られないよ!
ほかのベッドで寝ていた夫と娘はうるさくなかったというので、ほんとにちょっとした配置で変わるんでしょう。もちろん、翌日の夜は違うベッドで寝ました。

ドーム型ホテルっておもしろいね!こどもも好きだよね!と思ったからここにしたんですけど、2日目に娘は「もう家に帰りたい」と言い出しまして…ええっ!?
よくよく話を聞いてみると、「ここは『ホテル』じゃない」と。
旅行大好き、ホテル大好きな娘のお眼鏡にはかなわなかったファームビレッジ。何が悪かったのかと言うと、レストランや温泉に行くのに外(かなり寒い)に出てしばらく歩かなきゃいけないからでした。


きれいだから我慢してよー


実は部屋番号は「1」。つまり一番フロントやレストランや温泉には近いところに位置している部屋だったんですが、それでもダメか!(恐ろしく広い土地にドームが並んでいるので遠くの部屋の人は園内シャトルバスを使うほど…)


ひたすら広い(この後、小雪ちらつく)


娘を「ここにもう一泊だけしたら今度こそ普通のホテルだから!」と説得すると「そのホテルは四角い?」「四角いよ!」
帰ろうとする娘をなんとかなだめたのでした。


これはホテルの駐車場からフロントまでのトンネル。こんな感じですべてが遠い。

でも、歩かせるのもホテル側の思惑通り(だと思う)。
ここは「健康になるホテル」ってことで、いろいろな健康施設も併設されています。


その一つ、「健康チャレンジ館」





宿泊の予約についてきた無料チケットが使えるのはこの室内の「健康チャレンジ館」ではなくて、ほんとうは屋外の「健康の森」だったのですが、このとき小雨がパラパラしてたので「寒いからどうぞこっちであったまってってください」と入れてくれました。
こういうとこ、東京にはないな〜と思う。東京だったら「申し訳ありませんがこちらは対象ではないので…」って言われる気が。

娘は思う存分ここで遊んでご機嫌になり、結局大満足でチェックアウトした阿蘇ファームランドでした。
| | 09:55 | comments(0) | - | - | - |
箱根母娘旅行
箱根に行ってきました。
夫は部活の合宿で不在のため、娘と2人で一泊旅行。

箱根湯本に宿を予約したので、その前にどこか行こうと思い、「芦ノ湖で海賊船に乗る?それともロープウェイは?ユネッサンもあるよ?」といろいろ挙げて娘に聞いてみると

「ホテルでのんびりしたい」

という5歳とは思えない回答でした。



そんなわけで、ロマンスカーで箱根湯本に着いてからは今すぐホテルに行きたい娘を「また入れないから」となだめて、駅前のうどん屋で昼ごはんを食べ、川に下りて川遊びをし、ようやくホテルに向かいました。



そして、部屋でいつまでもゴロゴロしていたい娘をどうにか盛り立ててホテルに付いているプールと温泉施設に連れて行き、また部屋でゴロゴロし、夜ごはんはバイキング。


溺れてるわけじゃないの



好きなものだけを選んで食べて、レストランにあったキッズスペースで遊んで、大満足な娘は「さあ、大浴場に行ってみようか!」という私の提案をあっさり却下。
そんな気はしたけど。
こういうとき大人2人で来てると交替で行けるんだよなあ…

じゃあ明日の朝お風呂入ろう!と言ってみたけど翌朝も結局入れずにチェックアウト。
ええ、ええ、そんな気はしましたよ。

翌日は箱根湯本から登山鉄道とケーブルカーに乗って強羅公園に行きました。



お目当は「カブトクワガタ展&リアル宝探し」。

娘は虫が嫌いなんだけど、謎解きがやりたかったようです。園内では虫好きな小学生男子が大フィーバーしてました。



地図といくつかの謎が書いてある参加用紙をもらって、ひたすら公園をぐるぐる。いつもならすぐ「つかれた〜」と言う娘ですが、面白いから疲れにも気がつかないようで。あと、涼しいので歩いててもラクでした。だけどこの公園、山の斜面にあるので端と端の標高差が37メートルあるんですよ!よく歩いたわー

1時間ちょっとでクリア。まあ、謎は私が解きましたが。賞状とカードをもらって大喜びしたとたんに「づがれだ〜!!」そして不機嫌になる。
急いで登山鉄道に乗って、おやつを食べさせ、寝かしてエネルギーチャージ。

箱根湯本駅に着いてコインロッカーに預けていた荷物を取り出し、どうしても「かまぼこの里」に行きたい私は、不機嫌な娘をお土産屋で売っていた「プリキュアの手帳(972円)」で買収。思い通りに行きました。しめしめ。

かまぼこの鈴廣がやっているバイキングレストラン「えれんなごっそ」でランチをし、かまぼこの里でお土産を買いました。


かまぼこ多め


えれんなごっそにもキッズスペースがあり、もう今回の旅ではキッズスペースのおかげで私はゆっくり食後のコーヒーが飲めた!と言えます。バイキング&キッズスペースの組み合わせは天国!制限時間の80分ギリギリまで滞在しました。

帰りは小田原からロマンスカーの後展望席に乗って、いいタイミングで合宿から帰ってきた夫に駅まで迎えに来てもらい機嫌よく帰れました。

母と娘の二人旅にもすっかり慣れて(お互いに。常にこっそりと策を練ってる…)、気持ちよく出かけられるようになったのも成長ですね(親も子も)。
| | 16:50 | comments(0) | - | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
MIDORI MORINO



SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
Midori Morino

バナーを作成



このページの先頭へ