フラメンコ 森野みどり
ピアノフラメンコ
ヘレス在住の小里彩さんのピアノフラメンココンサートがありました。



しかも、家の近く!
コンサートは9時からだけど、娘は10時には寝るけど、家の近くなら娘を担いで(夫がね)帰れる!

彩さんがピアノフラメンコをやっていることは去年から聞いていて、ぜひとも聴きたかったのでこんな機会に恵まれてとてもラッキーでした。



ピアノ1台だけで、歌もギターも踊りも聴こえてくるんですよ。「1人でやるのは気楽だよ〜ハハハハハ」と彩さんはひょうひょうと言ってたけど、普段の最低構成人数が3人(歌、ギター、踊り)の私からしたら、1人で向かい合うエネルギーって想像がつきません。

彩さんのピアノとの出会い、フラメンコとの出会いのお話を聞きながら、また曲に戻ってその音色を楽しむ。ピアノはもちろんのこと、時折はさむカンテも素晴らしくてマルティネーテで涙…



彩さんのピアノとの出会いもフラメンコとの出会いも、ご両親がきっかけだったので、親が蒔いた種はどこで花咲くかわからないものだなと思いました。



そんな彩さんと今日はカタツムリを煮ました(というか、正しくは両家の夫たちが料理しました)。


食べられるとは思ってもいないカタツムリたち
| 子連れスペイン2018 | 22:25 | comments(0) | - | - | - |
馬学校
ヘレスと言えば、馬とシェリーとフラメンコ。
ヘレスに来るようになって10年経ちますが、王立馬学校には一度も行ったことがなく。この度初めて訪れました。

Fundación Real Escuela Andaluza del Arte Ecuestre
王立アンダルシア馬術学校





学校の庭園が素晴らしかったです。どこを見てもいい眺め。





外で学生さんが練習していました。

さて時間になったので室内へ。馬のショーです。



広い!何人収容できるんだろう?
国王の肖像画の下はVIP席で、騎手は毎回こちらに向かって帽子を取っていました。その姿がまたかっこいい。

ショーの最中は撮影禁止なので残念ながら写真はありません。

どんなショーかと言うと、「アンダルシアの馬はどう踊るのか?」というタイトルの通り、音楽に合わせて馬がダンスするんです。スキップしたり、跳んだり、斜めに歩いたり。
馬って音楽に合わせてリズムを刻めるのか!
あまりにも衝撃的だったので見始めは息苦しくなったくらい。感動で。

ショーは休憩込みで90分。でも長さを感じず、娘も楽しそうに観ていました。
子供連れの家族も多かったです。



さっき馬を見たばかりなので親近感がわいてくる銅像たち。これは馬学校を出て帰り道の途中にあるPlaza Mamelonです。
| 子連れスペイン2018 | 18:12 | comments(0) | - | - | - |
カディス
日曜日にカディスに行きました。


ヘレスから電車で45分。これはヘレス駅の外観


ホーム


夫が、入ってくる電車を撮ろうとしてたらおばちゃんが隣に立って一緒に撮影


そしてカディス。
いつも同じルートを歩いてしまうので、今回は行ったことのない「ヘノベス公園」というところにどうしても行きたかった!


歩いてる途中にあったファジャ劇場。もちろん現役


25分くらい歩いてヘノベス公園に到着。



海に面した植物園になっている公園。



調べたら、恐竜がいる池がある、と。それは娘が喜びそう!と思いまして。

しかし恐竜はいませんでした…


撤去されてた(奥に見える)




この滝の向こう側が池になってて、恐竜の代わりにアヒルと鴨がいました。


洞窟みたいなところ





もっとゆっくり公園内を見てまわりたかったのですが、娘は早く砂浜で遊びたくてしょうがなかったので早々に海へ。





ずーっと砂遊びをしておられました。

海に入っている人は数えるほどしかいなかった(さすがにまだ冷たい)けど、日差しはあるので焼いてる人多数。

あと、こどもたちは砂浜でサッカーしてました。裸足もしくは靴下で。靴下なんで脱がないの?!砂まみれの靴下とか絶対洗いたくない…

昼ごはんはバルが並んでる通りで。



数軒先のアイスクリーム屋さんでデザートにアイス。





食後は再び散歩。


なんだかよくわからないけど古い建築物


後ろの黄色いドームがカディスのカテドラルです


元タバコ工場にある銅像で「避難訓練」をする娘

一日中よく歩きました。
| 子連れスペイン2018 | 12:35 | comments(0) | - | - | - |
大人の公園
カディスのヘノベス公園の近くにあった「大人の公園」。



運動不足解消のための公園でした。



ペダルを漕ぐやつとか(この後おじいさんが来てひたすら漕いでた)



クルクル回すのとか



なぜか社長椅子みたいなブランコも。



ヘレスにもこの手の遊具がある公園が駅の近くにあります。レティーロ公園。



ジムにありそうなウォーキング的なやつを娘が気に入って、ひたすら漕いでました。



通りすがりのおばちゃんに「すごいわねえ!私これできないのよ!」と褒められてましたが、やり過ぎて疲れたので帰り道は大変に不機嫌でした。
| 子連れスペイン2018 | 10:05 | comments(0) | - | - | - |
最近のこと
お友達の家に行ってお昼をごちそうになりました。


白いごはん。お椀に入っているのは味噌汁ではなく、ひよこ豆入りのモツ煮です。トロのお刺身も。


モジェハ(ホルモン)の串焼き。


デザートまで!

その後、大きな公園に連れて行ってもらいました。






最後は抱っこで寝てしまいました…




スーパーで見つけた日本茶「きょうこ」








夫の料理シリーズ




近所のケーキ屋さん。アップルパイ、チョコレートケーキ、レモンのケーキの3つで3.20ユーロ(400円ちょい)


包み紙がかわいいんだわ!
| 子連れスペイン2018 | 16:25 | comments(0) | - | - | - |
娘の告白
昨日とうとう娘に言われました。
「日本に帰りたいの」
と。
最近の機嫌の悪さから、多分そうなんだとは思ってました。

昨日は一日中冷たい雨が降っていて(雪が降ってる地方もあったくらい寒かった!)、遊びに行きたかったのに行けなかったのもあって悲しみが大爆発。泣きながら「日本が大好きなんだよ」

でも、言ってしまったらすっきりしたのか、昨日と違って今日はいい天気で遊びに出られたのがよかったのか、気持ちは落ち着いているようで。打って変わってニコニコしています。お友達に借りたキックスクーターを広場で乗り回してたし!



2年前に私と娘の2人だけでスペインに来たときは、お父さんがいないにもかかわらずまったくホームシックにもならなかったのですが…(お父さんと電話してもかなりあっさりしてた)。

慣れない土地で暮らすというのはかなりのストレスになるものなんだなあ〜しかも歳をとるとともに適応しにくくなる、のか?あとはやっぱり言葉の問題かな。 私は今まで「日本に帰りたい」と思ったことがないので(滞在はたったの1ヶ月だし)、その気持ちがわからなかったので反省…

「日本の水はおいしいなあ〜」
と娘が言うので、
「そうだね。スペインのオレンジジュースもおいしいよね〜!」
とかぶせています。
どこにだっていいところはあるんだよーって思えたらいいなあ。

| 子連れスペイン2018 | 16:32 | comments(0) | - | - | - |
escondite かくれんぼ
娘、1年ぶりに大家さんの孫マリア(9歳)と再会してモジモジするも一緒に遊びたくて仕方ない様子。



かくれんぼしよう!とマリアに誘われて2人で始めたのを見て、言葉が通じなくても遊べるって素晴らしいなーと思ってましたが、こちらのかくれんぼは鬼のホームがあり、鬼がホームを離れている間に隠れた人がタッチすると勝ち…のようで(缶蹴り的な?)。隠れていたマリアが走ってきてタッチして「勝ったー!」と言ってるのを娘は唖然として見てました。「え?今のなに?」と。

その後はスペインルールを理解して遊んでいたものの、突然「スペイン語がわからない…」と言って娘が泣きだして終了〜

言葉がわからないとツライ、というのは大人もこどもも同じだね。

かくれんぼと言えば、「もういいかい」「もういいよ」もなかったので、このアポを取る感じが日本なんだなーと思いました。他の国は知らないけど。
| 子連れスペイン2018 | 10:53 | comments(0) | - | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
MIDORI MORINO



SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
Midori Morino

バナーを作成



このページの先頭へ